So-net無料ブログ作成

低体温はいけない

【スポンサーリンク】






〇〇さん、こんばんは!

ダイエットセラピストの恵美です。



〇〇さんは、ご自分の平熱を知っていますか?


今、小さな子どもの頃から低体温という人が増えています。


本来 人は、赤ちゃんの頃に一番平熱が高く

年を取るにしたがって徐々に低下していきます。


ところが、体内時計の乱れで

平熱が35度台の子どもが増えています。


もちろん大人も男女の関係なく

平熱が低い人が急増しています。


平熱が低いと言うのは、

とても損ですし良いことがありません。



ガスでいうと、不完全燃焼状態です。



後半へ続く!






















【スポンサーリンク】



後半はこちらから!
↓↓↓↓




人の体の働きの一つ一つは、

酵素の働きによります。


体全体が、

酵素で働いている工場のようなものです。


ご飯を噛んで甘く感じるのも酵素の働きです。


小中学生の頃に、

アミラーゼの実験をした記憶がありますか?


体温程度の温度がないと酵素が働かないとう結果がでます。

酵素が働く温度は36度以上でおよそ43度以下です。


低すぎても高すぎても働かなくなります。


コエンザイムQ10 カルニチンなど

体の燃焼に関っていると言われる酵素も、

体温が低ければ働きません。


ですから、

サプリメントを飲むだけでは絶対に痩せることはできません。


また、酵素が働かないと体の機能自体が低迷しますから

細菌と戦うための免疫や

癌細胞を増やさない働きも落ちてしまっています。




体温が低いとお腹の調子を整える腸内細菌も

元気がなくなるのです。

ですから、便秘にもなりやすくなります。



病気になり易くて痩せにくい体なんて、

卒業したいですよね?



体温ををあげるために、

体の大きな筋肉を使うことはとても有効です。



具体的にはゆっくりと歩くことが、

それにあたります。


もうひとつ、

体温を上げるためのスイッチというのがあります。



体内時計をリセットすることで、

体温を上げるスイッチが入ります。



夜0時前に眠り、

目が覚めた時点で朝日を浴びるようにすることで

『活動の時間』への切り替えができます。



仕事の都合などで、

毎日は無理かもしれませんが、

週に数日だけでもスイッチを入れてください。



せっかく運動をしても、

体が目覚めていなければ効果が半減してしまいます。


この体内時計のリセットは

憂鬱気分を解消するためにもとても有効な方法です。



春になり陽射しが明るくなりましたので

チャレンジしてみてください。



できる事から、

気がついた事から始めましょう。



では今日はこの辺で。

これからも一緒に頑張っていきましょうね。









【スポンサーリンク】



nice!(252)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 252

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。