So-net無料ブログ作成

マーガリン

【スポンサーリンク】






〇〇さん、こんばんは!

ダイエットセラピストの恵美です。



今日は、『食べ物に関する常識』について話をします。


食べ物に関して、

色々な研究がされています。


それだけ 人にとってとても重要なことだからなのですが、

食に関する常識ってなに?

と思うことがありました。



私が昔、家庭科で習ったのは

『バターは体に悪いのでマーガリンを食べましょう!』


じゃあ、今は?



後半へ続く!






















【スポンサーリンク】



後半はこちらから!
↓↓↓↓




マーガリンは『トランス脂肪酸』という酸化した

良くない脂として槍玉にあがっています。


もともと

液体の植物油を加工することによって酸化させてしまい、

さらに添加物によって体に好ましくない形になってしまっています。


トーストしたパンに塗るならまだましで、

加熱調理しようものなら『OH My GOD!!』と叫ばれるかも。


アメリカではかなりの騒ぎになったようです。


日本で余り騒がれないのは、

アメリカ人より摂取量が少ないからだそうです。


でも、よくよく考えてみると、

日本人の体質は

油をたくさん食べないような遺伝子構造でできています。


アメリカで問題ならば、

日本でも問題なのでは?と思っています。


調理に使う油は

不飽和脂肪酸』オレイン酸 リノール酸の多いもので

酸化し難い物・もしくは酸化していないもの、

動物性のものでは青魚に含まれる脂や一番絞り

で新しいグレープシードオイルなど一部の植物油です。



バターとマーガリンを出されたら、

バターを選ぶ方が体に良いのです。


なるべく自然のままで食べること

を意識して食べ物を選んでみませんか?


ちょっと考え方が変わってきます。


常識だと思っていたことが、

常識でなくなることがあるのが食べ物の世界です。


〇〇さんのダイエットの常識は正しいですか?


では今日はこの辺で。











【スポンサーリンク】



nice!(315)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 315

コメント 1

youzi

普段パンを食べる事が少ないので、
マーガリンを使う事も今はなくなっていますが、
バターと比べ、柔らかいのでパンにつけるのも
楽なので、以前はパンにはマーガリンでした。
今、食べる時はジャム系をつけるか、オリーブ油にしいます。

by youzi (2015-04-27 07:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。