So-net無料ブログ作成
検索選択

乳酸菌

【スポンサーリンク】






〇〇さん、こんばんは!

ダイエットセラピストの恵美です。



前回は、食物繊維のお話をしましたね。


今日は便秘解消で必ず出てくる話題の2つ目

腸内細菌のことについてお話したいと思います。



よく便秘の解消のために

ヨーグルトを食べましょうと言いますよね。



まるで、乳酸菌は正義の味方みたいに思えます。



でも、

ヨーグルトの中の乳酸菌のほとんどが

胃酸の働きで死んでしまっているのはご存知ですか?




後半へ続く!






















【スポンサーリンク】



後半はこちらから!
↓↓↓↓




じゃあ、意味が無いのかと言うと

決してそうではありません。


ヨーグルトなどの乳酸菌の死骸は、

善玉の腸内細菌の餌になるのです。



ここからが重要です。



元々、生まれて数日後に

腸内には善玉の腸内細菌が住み着いています。


善玉の腸内細菌は、

腸の働きを活発にし

悪玉腸内細菌の悪影響を防ぎ、

発がん物質やそのほかの病原体を抑える免疫機能を高めます。



善玉の腸内細菌は

乳酸菌がつくる乳糖を栄養として働く細菌です。


赤ちゃんの頃に口にする母乳やミルクには

乳糖が豊富に含まれて居ます。


離乳食が始まると

色々な細菌も一緒に腸内に入ってきます。


実に巧妙に作られた免疫のシステムで、

本来なら腸内細菌は良いバランスを保ち続けるはずなのです。



ところが、食生活の変化やストレスの影響で

腸内細菌のバランスがおかしくなってしまっています。



善玉の腸内細菌が減ってしまっている状態

を解消しなければなりません。


前回、日本人の腸の長さが9.2メートルと書きました。



日本人が農耕民族だったから、

欧米人より長い腸を持つことになりました。



食物繊維の多い食べ物を積極的に食べることが

腸の健康に大切と言うことでしたよね。



では、元々体に居る善玉の腸内細菌を

どのように増やしたらよいかの話になります。



乳酸菌の死骸は善玉腸内細菌の餌になるといいましたが、

食物繊維があると腸内細菌の活動が良くなります。



言うならば善玉腸内細菌の家になってくれるのです。



住みやすい環境 

増えやすい環境

は何を食べるかによって自分で変えることができます。


腸まで届くというヨーグルトもありますが、

届いた先の腸の環境が悪ければ全く意味が無いのです。



乳酸菌はきっかけにしか過ぎません。



ですから、

ヨーグルトだけを食べていれば痩せるとか 

便秘が解消してしまうということではないのです。




では今日はこの辺で。











【スポンサーリンク】



nice!(421)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 421

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。