So-net無料ブログ作成
検索選択

脳が危機を感じる?

【スポンサーリンク】







〇〇さん、こんばんは!

ダイエットセラピストの恵美です。





今日は脳が危機を感じる時のお話をします。



良くダイエットをする時に、

『消費カロリー

『摂取カロリー』

が多いと痩せると言いますね。


この時に、

『消費カロリー』を増やす努力を行ったうえで、

『摂取カロリー』は適切な量を取るのが一般的な方法です。


ひとつ問題なのは、

『摂取カロリー』と言うものの考え方は、

あくまでも『試験管の中の科学的な反応』の事だと言うことです。



実際には、

体に吸収されてエネルギーに変わりやすい食べ物と

体に貯まってしまう食べ物があります。


ですから、

『摂取カロリー』だけを気にしていてもダイエットは成功しません。



エネルギーに変わりやすい食べ物を食べて、

体を動かすことが本当のダイエットなのです。


ところが、『○○抜き』ダイエットや

『置き換えダイエット』といったものに頼るときは、

『摂取カロリー』を抑えることだけに目が向きがちになります。



人には最低限必要なカロリーがあります。



横になって息をしているだけで必要なカロリーで、

基礎代謝と言います。



しかし、

普段生活して自分で食事を噛んで食べる人は

基礎代謝だけでは体を維持していくことができません。



エネルギーに変わる食べ物を食べて

基礎代謝を維持することと、

痩せる筋肉をつけて

基礎代謝をあげることが大切です。



例えば

基礎代謝ギリギリの1200キロカロリーの食事制限をしていると、

痩せにくい体になります。



その理由は何故だと思いますか?



後半へ続く!






















【スポンサーリンク】



後半はこちらから!
↓↓↓↓




それは、

『脳が危機を感じる』からです。


脳が非常事態だと判断して、

最小限のエネルギー消費にとどめるように

ホルモンのバランスを変えてしまいます。


生命維持に必要な場所だけに栄養を送ろうとするわけです。


最初に爪や髪への栄養がストップします。


肌への栄養も遮断されます。


ダイエットをしていて、

抜け毛や肌のトラブルを感じるようなら、

『食べ方』の見直しが必要だと言うことです。


更に続けていると、

生殖機能がストップします。


女性の場合、

生理が止まってしまうのです。


生理が止まっている間というのは、

更年期と同じようなホルモンバランスになるため、

子宮や卵巣が小さく萎縮する可能性があるのです。


この『脳の危機感』というのは、

一度感じるとなかなか抜けられないそうです。


ですから、『脳に危機感』与えないように

上手に食べて貰いたいと思います。




成長期の人 

体を動かす人は

活動量に応じてカロリーを増やしてくださいね。





では今日はこの辺で。











【スポンサーリンク】



nice!(675)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 675

コメント 2

大型中年

one_and_onlyさま

いつも興味深い話題ありがとうございます。
今回の話題は、私も興味のあるところです。2年間で-24kg自転車で痩せましたが、目標は決してリバウンドしない体ヅクリのつもりが、少し急激過ぎたかなと思っています。
と言うのは、一時期全く体重が落ちない時期があり、ダイエットを加速させましたが、これは脳が危機を感じ、それ以上体重を下げると危険と感じていたようでした。それを通り過ぎるとロケットスタートのように体重減が加速しました。 
結果、ダイエットは出来たのですが皮膚は衰え、白髪も増え、奥さんには一気に齢を重ねたと文句言われる始末です。 こうなるとなかなか元に戻りません。 今毎週自転車でツーリングしていますが、体脂肪率を15%、BMIを21%ぐらいに戻そうかと思っています。
ダイエットは昼寝していては出来ず、キツイモノです。 でも、やり過ぎは良くないですネ。 
では、GWも終わりですが、あと1日楽しんでください!
by 大型中年 (2015-05-05 16:19) 

MugenRider

たまに、見てますが、いつも参考にしてます。

少しずつ、腹をへこまそうと思います(笑)
by MugenRider (2015-05-12 23:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。