So-net無料ブログ作成
検索選択

牛乳神話

【スポンサーリンク】





〇〇さん、こんばんは!

ダイエットセラピストの恵美です。





今日は〇〇さんも健康のために飲んでいるかもしれない、

牛乳について話をしたいと思います。


牛乳は体に良い。


骨を強くするために毎日飲まなくちゃ駄目。


そう思っている人?

いますよね。



『当たり前じゃないの?』


『給食に出るくらいだし、骨粗しょう症の予防に飲むようにお医者様から言われてるわ。』


そんな声が聞こえてきそうです。


でも、常識が常識ではないこともあるのです。


体に良いと思っていることが、

痩せにくい体を作っているとしたら怖くないですか?


牛乳とは、牛の母乳です。


牛の赤ちゃんでさえ、

3歳を過ぎると牛乳を飲まなくなるのです。


必要なくなるからです。


他のもので十分な栄養を取ることができるからです。


人でも同じで、

他のもので十分な栄養を取ることができるのです。



では何故 

牛乳神話が生まれたのでしょうか?




後半へ続く!






















【スポンサーリンク】



後半はこちらから!
↓↓↓↓




戦後の食事事情が悪い時に、

脱脂粉乳が配られていました。


そして、

それがその後の学校給食にも引き継がれていきました。


しかし、日本人の多くは、

牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持ちません。


味が嫌いとか、

お腹の調子が悪くなるとか

苦手意識を持っているのに健康のために飲んでいる人が多いのです。


カルシウムのためといって、

無理をして飲む必要があるでしょうか?


食べ物のことを色々と知っていくと、

牛乳を飲まなくてもカルシウムは十分取れることが判りました。


小魚 

海藻類 

新鮮な野菜


食べることで事足りるのです。


苦手意識があるのなら

他のものに切り替えていっても大丈夫ということです。



因みに、私は牛乳を飲むことはありません。


ある時、忙しすぎて飲まなかった時に

体調が良いことに気がついたからです。


牛乳が好きな人にとって止めることは

勇気が必要だと思います。


ですから、

決して無理に押し付けるつもりはありません。


『好きだから飲む、嫌いなら無理をして飲む必要はない。』


と言う事です。


自分が食べているものを知るということは、

とても大切なことですよ。




では今日はこの辺で。











【スポンサーリンク】



nice!(440)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。